スポンサードリンク

2013年08月27日

サフランの効能と利用法


サフランの効能 サフラン イメージ

サフラン(アヤメ科)
Crocus sativus

使用部位:雄しべの花柱、花頭
球根植え付け:8月下旬〜9月上旬
開花期:10〜11月

効能:鎮静、鎮痛、月経痛、月経不順、更年期障害、精神不安、冷え性、血行促進に使用されます。漢方薬としても有名で血の滞りを改善するので子宮筋腫などに用いられますが、収縮作用があるので妊婦には使用できません。

続きを読む
タグ:サフラン
posted by Alba at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。