スポンサードリンク

2012年06月11日

やくらいガーデン その2

やくらいガーデン レディースマントルの小路

昨日ご紹介したハーブレディースマントルの小路
を下から見るとこんな感じ・・。黄色い帯のようです。

よく見ると、小路のいちばん奥には
フォーカスポイントとして
ベンチが置いてあるのが見えるでしょうか・・?

イギリスの有名なガーデン
このようにとても計算されて設計されているので
訪問者を飽きさせることがありません。

実は、こちらのやくらいガーデンを設計されたのは
皆さんよくご存知のハーブ研究家広田せいこさんです。
広田さんはイギリスのガーデンに造詣が深いので
デザインや植栽は本場仕込み。
好きな人にはきっと堪らないでしょう。

イギリスの植栽といえば、こんなボーダー花壇・・


やくらいガーデン ボーダー花壇

花穂の長いジキタリスカンパニュラポピー
とてもオーソドックスで典型的なイギリスの植栽です。
これらの花期が過ぎると、アイリスなどの花が咲く仕組みです。

やくらいガーデン ハーブガーデン

こちらはボーダー花壇とは対照的にシックなハーブガーデン
Albaがお気に入りのブロンズフェンネルがアクセントになっています。
うすく色付いてきたタンジー、紫の小花のコンフリーマロウ・・。
葉の濃淡や質感、形のコントラストを楽しむガーデンです。

また続きます〜。

posted by Alba at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵なハーブの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。