スポンサードリンク

2012年06月18日

ハーブの五行「土」

こちらもかなり更新が遅れましたが、
今日は五行の「土」に分類されるハーブのご紹介です。

五行の土は人体の「胃腸、皮膚」にあたります。
主に消化器系によって食べ物を消化し、
気や血を作り全身に栄養を提供する役目を果たします。

皮膚や脂肪と深く関わりがある為、
アトピー性皮膚炎、肥満、胃炎、便秘などの軽減に
補助的にアロマテラピー服用を行うことができそうです。

フェンネル

○肉豆→ナツメグ
○茴香→フェンネル
○芹菜子→セロリの種

フェンネル効能として胃腸を整えて便秘に効果があり、
セロリシードアロマテラピーで消化不良の改善として
お腹のマッサージなどによく使用されています。
ナツメグも漢方で整腸作用がありますし、
こうしてみると、全て消化器系の改善に使われています。
スパイスを料理に上手に使うことは良いことですね。

胃腸が滞ると便秘につながり肥満になりやすいですし、
免疫力のバランスが崩れてアレルギーを起こしやすくなります。
栄養を消化吸収して元気の源である胃腸の健全を保つことは
アトピーなどのアレルギーを予防し、肌の健康に繋がります。

次回はハーブの五行「金」をご紹介します。


posted by Alba at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275826362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。