スポンサードリンク

2007年01月28日

花粉症の季節に飲むハーブティー

TVニュースではスギ花粉の飛び始める時期が発表になりました。
関東以北では2月10日以降に飛散予報が出ています。
そろそろ本格的に予防の為に薬を飲んでいらっしゃる方が多いと思います。

今年はお薬と平行して体質改善の為にハーブティーを飲んでみませんか?

花粉症に効くハーブティーは検索すると沢山出てきますが
ミントやユーカリの吸入は対処療法ですので、症状がひどい時には
かえって逆効果になる事があります。注意してください。
それとは別に、私がお奨めする方法は体の体質に合わせてハーブティーを
選ぶという事です。これは薬膳や漢方にも通じる方法ですのでぜひお試し下さい。

花粉症の人のタイプは大きく分けて2つあります。
1.肺の機能が弱く抵抗力がない。
2.胃腸が弱く水や食物の消化・代謝が悪い。

1は風邪をひきやすいタイプ、2はむくみやすいタイプの人です。

風邪をひきやすいタイプの人はストレスに弱く神経が過剰に反応し
免疫が自分自身を攻撃してしまいます。
そこで肺の機能を高めてストレスに強くなるハーブの選定をします。
いくつかありますが、飲みやすいローズ、セージ、ルイボスティーが
良いと思います。さらに日本人に好まれる緑茶、ゆずがいいでしょう。

<肺が弱い人へお奨めブレンド>
・ゆず茶を熱い緑茶で割った「ゆずグリーンティー」
 (カフェインの気になる人は番茶で割ってもいいです。)
・紅茶にローズを加えた「ローズティー」
・紅茶にセージを加えてミルクティーで飲む「セージティー」
・しそ茶も良い。

yuzu1.jpg
愛媛県西予市の無添加ゆず茶

つぎにむくみやすい人の場合、胃腸や腎機能の働きが弱く体の水の代謝が
うまく進まない為に鼻づまりや炎症を起こします。
そこで胃腸の機能を高めて血の巡りを良くするハーブを選定します。
ジンジャー(しょうが)、シナモン、キャロット、プアール茶が良いです。

<むくみやすい人へお奨めブレンド>
・熱い紅茶に生姜を加えたジンジャーティー
・ミルクティーにシナモンを加えたシナモンティー
・血の巡りをよくするプアール茶。(食事前に摂取)
・紅茶に朝鮮人参の粉末を溶かした人参紅茶

ネトルなどのハーブも花粉症に良いのですが、飲みにくかったり
入手が困難な人もいるかと思います。
身近にあり、日本人の気質にあったハーブティーをご紹介しましたので
日常に飲むお茶としてぜひ取り入れてみて下さい。

posted by Alba at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。