スポンサードリンク

2007年02月02日

ラベンダーのブレンドティーレシピ

ハーブを手軽に利用する方法として「ハーブティー」があります。
カモミールティーやローズヒップティーはアルミパックで
市販もされていますから、随分メージャーになったなぁと思うのですが、
ハーブティーを飲んで心から美味しい!と感じた人はどれ位いるのでしょう。

tea1.jpg

私は正直に言うと、フレッシュのミントやレモンバームのお茶は
草のにおいが強くて美味しいと思いませんでした・・。

勿論、カモマイルのようにフレッシュの方がおいしい場合もありますが、
大抵のハーブは乾燥させてからの方が味がマイルドになって飲みやすい
ものです。そしてさらに数種をブレンドして飲んだ方が刺激が少ないです。
外国ではブレンドする方が一般的なくらいなのです。

今日は、町内会でハーブクラフトの催しを担当したときに
皆さんから好評だったハーブのブレンドティーをご紹介させて頂きます。

「ラベンダーのブレンドティー」

紅茶 缶1つ*
ラベンダーの蕾(ドライ) 大匙2〜3
ミントの葉*(ドライ) 大匙1〜2

*紅茶はできればインドとセイロン茶葉のブレンドがおいしい。
*ミントのドライは手で細かく揉んでおく。

いただき物の紅茶が余った時に作っておくと、急なお客様のおもてなしに
重宝します。紅茶1缶あたりに上記のハーブを加えて混ぜておくだけ。
すぐに飲むよりも1ヶ月くらい寝かしておくとマイルドになります。

入れ方はあまり蒸さない方がいいです。
よく紅茶は蒸した方がおいしいとききますが、ハーブをブレンドして
いるので、長く置くと臭みが出てしまいます。
好みの色が出たら茶葉を濾しながらカップに入れます。

よく言うと驚かれるのですが、このブレンドはミルクティーが合います。
私が憧れているハーブ園の先生に入れて頂き、そのおいしさにびっくり
して、以降ハーブのブレンドの虜になったのでした。

ブレンドを作るコツは紅茶を基本にして、始めは1種類を少しだけ足して
みるのです。もう少しハーブが欲しければ足せばよいのですが、
多く入れすぎると失敗してしまいます。
そして美味しくできたら、さらにあと1種のハーブを足してみるのです。

たとえば紅茶にレモンバームを足したら、レモンミントを足してみるとか、
ジャスミンにゆずの皮をブレンドしたり・・。
柑橘系とか、アジアン系とか始めは同じ感じのするハーブを使うと
失敗が少ないと思います。ぜひ自分だけのブレンドを見つけて下さい。

posted by Alba at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ハーブレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントは、ハーブティーって奥が深いのですね。
ケロは、味オンチなので、フレッシュの単品で飲んでいました。
ミントは、眠い時に生でかじってました(笑)。

お勉強して、おいしいハーブティーをめざしたいです。
(^◇^)
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2007年02月03日 01:24
ケロさんは、ミント好きなのですね!
生かじりができるなんて羨ましいです。
アイスクリームのミント味とかも大丈夫かしら?

私はどうもミントは苦手みたいなんです・・(汗)
小学校の頃ミントのチョコチップ味を食べて
気持ち悪くなってしまってからなの・・。とほ。

でもブレンドティーに少しドライを入れて
す〜〜っとした後味を出すのは大好きです(^^)

昨日こちらの地方番組でフレッシュのミントと
中国の菊茶のブレンドを紹介していました。
試してみようと思ってます!

P.S.
相互リンク有難うございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Alba at 2007年02月03日 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。