スポンサードリンク

2007年02月14日

ハーブ・ガーデニング

herbbook5.jpg

ハーブ・ガーデニング

★★★★★
出版社名:メディアファクトリー(1998/03)
価格:3,400円
著者:ジョージ・カーター

→Amazon.co.jpで注文する


目次 (抜粋)
はじめに
・フォーマルスタイルを楽しむ
  ハーブのトアピリー
  市松模様の花壇
  タイムの花壇
  カモマイルのベンチ
  小さなノットガーデン
・色と香りを楽しむ
  青とグレーのボーダー花壇
  香りの花壇
  紫の花壇
  窓辺の箱植え
  ドライハーブを作ろう
  ベランダの箱植え


イギリス流ハーブガーデンの全てが明らかになる本です。
フォーマルからジャングルまで、ハーブガーデンの種類と形態、
そして作り方までもが詳細にカラーの図入りで掲載されています。

この本は数少ないイギリス園芸書の日本語の訳本です。
このような本が日本で発行されているのはとても幸せな事だと思います。
私はガーデニングブームから10年経った今でも、
国内の関連書籍で、イギリスの園芸書より良書の本を見た事がありません。
ボタニカルアートの様なガーデン設計の精密な植栽図は
イギリスの園芸書の特長でもあります。

さて庭を造る時は下ごしらえが大事です。
地面を耕した後の堆肥の混ぜ込み方から始まり、レンガや木枠の囲み方、
本場イギリスのトレリスやフェンスの組み方まで掲載していますので
DIYが得意な人には創作意欲をかき立てられる本となるでしょう。
また庭だけに留まらずベランダの飾り方やコンテナの植栽の仕方も載っています。
ベランダ園芸が趣味の人にも充分楽しめる内用となっています。

posted by Alba at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ハーブの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ローズマリーの庭にて―イギリス流ガーデニングの方法
Excerpt: ローズマリーの庭にて―イギリス流ガーデニングの方法
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-01 23:31
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。