スポンサードリンク

2007年07月20日

街の中のハーブガーデン その2

街の中のハーブガーデン

引き続き、仙台市の駅裏にあるストリートガーデンを紹介しています。
ちょっと展示場の宣伝の幟が難ですが・・汗。

でも都会の中のハーブたち、結構さまになっているような気がします。
ハーブのたくましい生命力がコンクリートの固さに負けていないですね。

そうそう、こんな取り合わせもありました。

ハーブガーデン

↑ガーデンの一角に自動販売機があり、その脇のペプシのオブジェと
スイートフェンネルです。
イギリスのガーデンコンテストではこのような現代的な植栽が
多くあり、大好きな取り合わせの1つです。

私が日頃思うことは、日本の街並みはもっと全体的な構成で
レイアウトされるべきなのではないか?ということです。
部分的な公園や街路樹の植栽だけではなく、ビルの看板や塗装の
色の統一、建築数の制限がされるべきではないでしょうか。
日本の街は決して美しいとは言えないと思うのです。

ハーブガーデン

↑広告の色が氾濫している日本の街並みですが、
これは植物の植え方を工夫してやわらげることができた一例です。
旺盛な生命力のブッドレアがこんもりと茂って、赤と黄色の
看板の柱を一部隠し、オレンジ色の花がグラデーションとなっています。

ハーブガーデン

↑仙台の街並みとガーデン。
赤い観光バスが、ちょっとイギリス風??

ハーブガーデン<

↑長いガーデンの所々にこのようなベンチがあります。
お昼休みに座ってみたいなぁ・・。
会社帰りの夕暮れなんかも、ラベンダーなどの銀葉がぼ〜っと
白く浮き出て、雰囲気が良さそうです。
ここを通勤の道にしている方を羨ましいと思いました。

この庭の中にとっても美味しそうなものを見つけたので
次回ご紹介させてもらいますね。

posted by Alba at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵なハーブの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。