スポンサードリンク

2008年02月17日

ハーブの五行「木」

ハーブの漢方的な使い方を研究して中国のサイトを見ていたら、
やっぱり本場は進んでいるな〜と思いました。
ハーブをちゃんと五行に分けて使用されていました。さすが漢方の国です!

現在使われている方法とは違う使い方が見つかるかもしれないので、
中国語を少しずつ勉強して、すらすら読めるようになりたいものです。

今日は五行の「木」に分類されるハーブを見てみようと思います。
人体の「肝と胆」に効くようになっています。
見つけ次第、後でどんどん追記していこうと思っています。

カモミール

○葡萄柚→グレープフルーツ
○洋甘菊→カモミール
○永久花→ムギワラギク、イモーテル
○杜松子→ジュニパー、トショウシ

たとえば、人体の肝機能が弱まると顔が青黒くなったり
白目や皮膚が黄色くなったり、シミやソバカス、湿疹やじんましん
などに悩まされるのですが、そんな時にこのハーブのお茶を飲んだり、
精油を用いると良いのだと思います。

また、肝臓と目はつながっているので、目の疲れなどは
肝機能を整えることで改善するそうです。

次回はハーブの五行「火」をご紹介します。

posted by Alba at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

えと・・・。初コメでなんですが・・・

次の「火」

をお待ちしております。
といいますか、5行すべて待ってます(笑
Posted by sugar at 2008年04月17日 16:38
sugarさま、お返事が大変遅くなってすみません!
(今日ブログの整理をしていて気が付きました。)

ハーブの五行については、必ず全て出しますので
気長に待っていて下さいね。
中国の中医学がもとになっているので、
色々と応用できるかと思います。
Posted by Alba at 2009年08月03日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84539861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。