スポンサードリンク

2012年06月11日

やくらいガーデン その2

やくらいガーデン レディースマントルの小路

昨日ご紹介したハーブレディースマントルの小路
を下から見るとこんな感じ・・。黄色い帯のようです。

よく見ると、小路のいちばん奥には
フォーカスポイントとして
ベンチが置いてあるのが見えるでしょうか・・?

イギリスの有名なガーデン
このようにとても計算されて設計されているので
訪問者を飽きさせることがありません。

実は、こちらのやくらいガーデンを設計されたのは
皆さんよくご存知のハーブ研究家広田せいこさんです。
広田さんはイギリスのガーデンに造詣が深いので
デザインや植栽は本場仕込み。
好きな人にはきっと堪らないでしょう。

イギリスの植栽といえば、こんなボーダー花壇・・

続きを読む
posted by Alba at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵なハーブの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

やくらいガーデン その1

やくらいガーデン バラ&キャットミント

本当に久しぶりの更新となりました。

記録の為に昨年2011年6月に訪問した
やくらいガーデンの画像をアップします。

震災からちょうど3ヵ月後で、ローズ&ハーブフェアが始まり
気分を明るくしようと思って主人と出掛けました。
少しバラの見頃には早かったのですが、
(今年の今の様子は”やくらいガーデンブログ”でチェック!)
大好きなハーブはじゅうぶんに楽しめました。

こちらの画像はガーデンの入り口に近い所にある
ローズガーデンバラのアーチです。
満開時には赤いつるバラの両サイドに
ブッシュタイプのピンクのバラがぎっしりと咲き、
道の両端に覆うように茂る紫色のキャットミントとの対比が
それはそれは素晴らしい光景となります。

毎年楽しみにしていたランチバイキングは
震災後の不安定な時期たっだからか
当日、調理場の電気系統が使えないとのことで中止。
とてもがっかりした事を覚えています。今年はリベンジに燃えています〜。

さて、それでは植栽を見てみましょう!

続きを読む
posted by Alba at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵なハーブの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

ハーブの五行「火」

だいぶ更新が遅れてしまいましたが、
今日は五行の「火」に分類されるハーブのご紹介です。

五行の火は人体の「心と小腸」にあたります。
主に血の流れを司り、循環機能と脳神経、
小腸にて栄養分の分配する役目をしています。

循環器の衰えによる動機や息切れ、異常発汗、血行不良
などの軽減に補助的にアロマテラピーを活用できそうです。

ラベンダー
続きを読む
posted by Alba at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

ラベンダージェル

傷跡、虫さされ等、幅広く効能のあるラベンダーで
この夏ス〜っと気持ちの良いスカージェルを作りましょう!
ちょっとした痛みや痒みが和らぎます。

ドラックストアで入手できるアロエジェルに
ラベンダーのアロマオイル等を加えるだけなので作り方は簡単です。

使い方の裏ワザ?もご紹介致します。

傷跡にラベンダーのスカージェル
続きを読む
posted by Alba at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

ハーブのハンドクリーム

心地良いハーブのハンドクリームを見つけました!

市販の美容クリームはこの頃さらっとしているものが多いですが、
カルボマーという合成ポリマーが含まれていて、
手がべたつかずにラップをかけたようにつるつるになります。

けれども、手洗いや入浴などで洗い流されると、
当然、本来の荒れたガサガサした肌に戻ってしまうのです。

使い心地が良くて、尚且つ肌を根本から
強化してくれる自然素材のクリームはないものか・・?

と探していたら・・見つけました!
主にホホバなどの植物性のオイルが使われているのですが、
全くべたつきません。すぐに物にさわることができます。
そして長時間うるおいがキープされるのです。

この保湿成分は一体何だろう?と思って調べてみたら
「フシチョウ」というハーブのエキスでした。

ハーブクリームに含まれるフシチョウのエキス
続きを読む
posted by Alba at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの効能と利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。